100万あったらいいのに!私の考えと世間の噂

100万あったらいいのに! 本当に誰しもそう感じるところだと思います。

 

・ 給料が減りお金がなくなったことにより深刻な状況になったのがきっかけでした。
・ 転職して希望の職種に就けたのはいいのですが、年収が下がったことがきっかけです。

 

100万あったらいいのに! ってないでしょうか。家族に話せることと話せないことってあるでしょ?お金の相談なんてとてもできないんやけど。
間違っても友人に頼るのは避けるべきです。お金のことが問題となり絶縁したこともありましたから。友達であることとお金の貸し借りをすることは全く別問題なんですよね・・・

今回は、 100万あったらいいのに! というあなたに役立つ体験談と解決策をお伝えしたいと思います。

あなたは本当に緊急で、すぐにでも現金を用意する必要があるのでは? 

 

 

まずは結論!この3つの方法が即金に効果があると私は考えています。
NO. 対処法 オススメ度
1 質屋を利用する ★★☆☆☆
2 なるべく頼みたくはないが、親族を頼る ★★★☆☆
3 一時的にカードローンを利用する ★★★★★

 

 

カードローン、借金、リボ払い・・・確かにイメージが悪いと言われればそこまでですが。

カードローンが漠然と怖いというイメージをもっている方は多いでしょうね。私もそうです。
虫歯になるの怖いからお菓子食べるのやめておこう・・・って思うの心情と同じで、肝心なのは「お菓子を食べた後のケア」です。ケアをしっかりすれば虫歯にならないことは皆さんご存知かと思います。

カードローンも同じで返済計画を立てれればそれほどに怖いものではありません。利用の仕方さえ間違えなければ、即日現金を得る手段としてはメルカリやオークションよりも優れているでしょう。
お金の心配でメンタルを病むくらいなら、カードローンを利用すべきというのが私の考えです。

ただし、返済計画立てれないとカードローンは怖いです。これだけは絶対知っておいて下さい

私が考えるカードローンの立ち位置はあくまで一時的な手段としてお金を得る手段です。借りたものは返す必要があります。
でも、すぐに「お金返す手段がないよ・・・」って方。カードローン会社によっては30日や60日間の無利息期間を設けている会社もあります。

そして、カードローンを利用して、計画的に返済した後は節約してお金を残すのがベストだと思っています。

 

100万あったらいいのに! ・人の数だけ悩みがあります

お悩み紹介していきますね。 100万あったらいいのに! どんな悩みを抱えているのでしょうか。実際の事例を紹介していきたいと思います。

銀行で20万円借金をしています。月々5千円ずつ返済します。ですが貯金もしたいのです、返済するために貯金を一旦諦めて返す方を優先したらいいのか…それとも返しながら貯金も5千円ずつでもしたらいいのか悩んでいます。補足ありがとうございます。貯金もないと不安で悩みます。

回答は下記のような感じですね。

今貯金は全くゼロですか?もし緊急でお金が必要になったらまた借りなければならないなら、最低20万ぐらい貯まるまでは貯金も少しずつしておいた方がいいと思います。ただし緊急時以外は絶対に使わないこと。遊びや旅行に使うなら借金を返しましょう。借りる方が金利は何十倍も高いから先に借金を返してもいいのですが、あまりにも貯金が少ないのは不安ですから最低限は貯める。

一時凌ぎとしてカードローンを利用するのも一つの手ですね。でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がありませんか?
でもカードローンやリボ払い、借金になんとなく抵抗はありませんか・・・?

でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がある・・・怖いんですけど・・・
というあなたに私がお勧めしたい方法があります。

メリット:実践することで固定費を抑えることができます。つまり自然とお金が貯めやすい習慣をつけるということ
デメリット:正直なところ即金性は低いです。でもじっくり貯めれます。

100万あったらいいのに! ・おすすめの解決策①

結論です! 保険を見直し携帯を格安スマホに変え外食を控えて節約意識まずは高めました。

目に見える外食や食費の節約は毎日のことなのでストレスにならないように2週間に一度は少しだけ贅沢できる日を作りました。

効果ないなら時間の無駄?・・・心配しないで!効き目あります

保険を見直したことにより月々8000円程浮き、スマホを夫婦2人とも格安スマホに変えたら8000円浮き少しずつ浮かす中で3万近く節約になりました。

大雑把な計算で生活すると想定外なことが起きるとカードを使ってしまったりキャッシングをしてしまったりでそのうちその行動が常習化してしまい借金になったりします。しっかりと収支を考えて毎月生活することでイレギュラーなことにも対応でき浮いたお金で違う何かを楽しむことができるのでまずはしっかり計算することではないでしょうか。

100万あったらいいのに! ・万人にお勧めする解決策②

結論を述べていきますよ!
それまで趣味であったタバコをやめて、禁煙して浮いたお金を貯金をすることにしました。
たばこをやめるのには忍耐力が必要なので、意思が弱くなってしまうようなこと、例えば飲酒などを最初の時期は避け、またアロマテラピーなどを楽しんでストレスが暴発しないように心がけました。

お金が貯まるのはわかった!でも、実際の節約額が気になるんですが

それまでは1日1箱、500円は必ずかかっていたので、年間で20万円弱の貯金が可能でした。その上健康にもいいことが出来ました。

目的を達成するためにお金が必要なあなたに私が伝えられること!

生活を見直していくと、無駄な出費だと思われる部分は少なからずある筈です。大事なのはそれが本当にムダだと思うのであれば、勇気を持ってその分の出費をカットしていくことです。貯金も最初離れるまで大変ですが、少しずつ口座に溜まっていくのは中々快感なので、軌道に乗ればうまくいくと思います。