50万円の使い道は具体的に? 本当に誰しもそう感じるところだと思います。

・ "子供が小さくてあまりお金の掛からないうちに貯蓄をしたいと思ったから。

少し前に勤務先の事情で休職することになり、月の世帯収入が8万円ダウンしたから。"
・ 貯金が減ってきて生活費を切り詰めないといけなくなったから。あとはそもそも無駄なお金を使っている可能性があるかもしれないと感じたから。

 

50万円の使い道は具体的にどうしたら?お金の相談なんてとてもできないんやけど。
間違っても友人に頼るのは避けるべきです。お金のことが問題となり絶縁したこともありましたから。
友達であることとお金の貸し借りをすることは全く別問題なんですよね・・・

 

今回は、 50万円の使い道は具体的に? というあなたに役立つ体験談と解決策をお伝えしたいと思います。

あなたは本当に緊急で、すぐにでも現金を用意する必要があるのでは?   

まずは結論!この3つの方法が即金に効果があると私は考えています。

NO. 対処法 オススメ度
1 質屋を利用する ★★☆☆☆
2 なるべく頼みたくはないが、親族を頼る ★★★☆☆
3 一時的にカードローンを利用する ★★★★★

 

カードローン、借金、リボ払い・・・確かにイメージが悪いと言われればそこまでですが。

カードローンが漠然と怖いというイメージをもっている方は多いでしょうね。私もそうです。
虫歯になるの怖いからお菓子食べるのやめておこう・・・って思うの心情と同じで、肝心なのは「お菓子を食べた後のケア」です。ケアをしっかりすれば虫歯にならないことは皆さんご存知かと思います。
カードローンも同じで返済計画を立てれればそれほどに怖いものではありません。利用の仕方さえ間違えなければ、即日現金を得る手段としてはメルカリやオークションよりも優れているでしょう。
お金の心配でメンタルを病むくらいなら、カードローンを利用すべきというのが私の考えです。

ただし、返済計画立てれないとカードローンは怖いです。これだけは絶対知っておいて下さい。
私が考えるカードローンの立ち位置はあくまで一時的な手段としてお金を得る手段です。借りたものは返す必要があります。
でも、すぐに「お金返す手段がないよ・・・」って方。カードローン会社によっては30日や60日間の無利息期間を設けている会社もあります。

そして、カードローンを利用して、計画的に返済した後は節約してお金を残すのがベストだと思っています。

50万円の使い道は具体的に? ・人の数だけ悩みがあります

お悩み紹介していきますね。 50万円の使い道は具体的に? どんな悩みを抱えているのでしょうか。実際の事例を紹介していきたいと思います。

この春から東京で彼女と同棲をしようと考えています。僕も彼女も20歳です。お互い家族に保証人を頼みにくい事情があるので、保証人不要システムのある会社にしようと思っています。僕はフリーターで収入が20万円です。彼女は学生で収入が10万円です。家賃10万円のマンションに住むには審査通りますか?よく家賃は収入の3分の1と聞きますが、同棲の場合はどうなんでしょうか?2人の収入を合わせれば3分の1の家賃ではあります。しかし、それぞれの収入でみると僕が2分の1、彼女は家賃分しかありません。こういった場合はどうなるんでしょう?

回答は下記のような感じですね。

>僕はフリーターで収入が20万円です。>彼女は学生で収入が10万円です。>家賃10万円のマンションに住むには審査通りますか?通りません。申込み人(主契約者)の収入が物件の2倍では生活が成り立たないと容易に判断できます。同居人(彼女・学生)の収入は関係ありません。>よく家賃は収入の3分の1と聞きますが、目安です。でも、申込人の社会的地位や職業、保証人の内容によっては3分の1を超えても審査が通るケースもあります。>同棲の場合はどうなんでしょうか?同棲を嫌がる大家さんの物件は審査以前に不動産業者にてお断りされます。当方では同棲での入居は可能ですが、必ず申込人(主契約者)には保証人が必要となります。>僕も彼女も20歳です。>お互い家族に保証人を頼みにくい事情があるので、>保証人不要システムのある会社にしようと思っています。保証人不要システムの会社は沢山あるのでご自分達の条件が叶えられる所を地道にお探し下さい。

一時凌ぎとしてカードローンを利用するのも一つの手ですね。でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がありませんか?
でもカードローンやリボ払い、借金になんとなく抵抗はありませんか・・・?

でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がある・・・怖いんですけど・・・

というあなたに私がお勧めしたい方法があります。

 

メリット:実践することで固定費を抑えることができます。つまり自然とお金が貯めやすい習慣をつけるということ
デメリット:正直なところ即金性は低いです。でもじっくり貯めれます。

50万円の使い道は具体的に? ・おすすめの解決策①

結論です! 今まで現金払いをしていたところを、クレジットカードや電子マネー決済に切り替えて、ポイント還元でこつこつポイ活をしています。二重取り三重取り出来るようなお店をよく利用したり、ネット通販するときはお小遣いサイトを経由しています。

基本的に節約志向が強いので苦ではないですが、どこかへ出かける時には自分や子供に新しい服や靴を買いたくなります。物欲との戦いです。ただ、資金があまりないことを念頭に、予算を決めて吟味しながら買い物をするようにしています。

効果ないなら時間の無駄?・・・心配しないで!効き目あります

ポイ活の成果としては多いときで月に5000円ほど還元されています。アンケートサイトにも登録しているので、お金をかけずにコツコツ…。かなり地味ですが未就学の子供がいて、外に働きに出る気にもなれず、すき間時間に気軽にできるので良いです。

"給料から天引きで無理のない程度に貯蓄にまわすこと。

ポイント還元を有効に使うこと。

時々貯金通帳を眺めてみること。

衝動買いは出来るだけ控えること。

安売りの文字に踊らされないこと。

時々自分にご褒美を与えること。"

50万円の使い道は具体的に? ・万人にお勧めする解決策②

結論を述べていきますよ!
缶コーヒー・ペットボトルなどの飲み物やパン・おにぎりなどの軽食はコンビニで買うよりもドラッグストアで買った方が安いから買う場所を変えるようにした。単に金額が安いだけでなくてポイントカードが使えてポイントがたまる場合には実質その分も含めて安さを判断して買うようにした。
日々節約できている金額だけを見てしまうと小さな金額だと感じてしまうこともあるけれど、これを1ヶ月続けると思っている以上に大きな金額になり、例えば1万円も変わってくる場合もあって、1万円あったら自分なら何をするかなと楽しく想像してモチベーションにした。それだけの価値のかること=節約をやっていると考えるようにした。

お金が貯まるのはわかった!でも、実際の節約額が気になるんですが

月々1万円くらいは節約できた。良い意味でお金に対する意識が変わったし、お金を大事にするようになった。また2~3日先まで自分の予定を必ず意識するようになって、例えば翌日に登山に出かける予定があって絶対に飲み物が必要で、しかし早朝に出かけるからドラッグストアが当日だと空いていなくて安いペットボトルを買えないことが予定されるならば、前日のうちに買っておくようになった。自分のスケジュール管理がしっかりとできるようになった。

目的を達成するためにお金が必要なあなたに私が伝えられること!

"使う必要のないお金をわざわざ使う必要はないですよね!節約はやってみると楽しい部分もあります。もちろん大変なこともありますけど、何事もまずは楽しくなければ続かないと思いますので、節約の方法がどのようなものなのか以前の話として、節約をまずは自分自身が楽しめるかどうか、この点をしっかりと考えるのが大切だと思います。

例えば節約した分で旅行に行く場合、JRで鈍行でゆっくり旅行をすることがあるのですが、JRの料金体系的に1度途中で下車したほうが、下車せず目的地まで直接乗ってしまうよりも合計金額が安くなることがあるんです。なので、そうなるパターン、途中下車したら安くなる駅を事前に自分で検索して、その駅で降りて観光も楽しめてしかも電車賃も安くなるようにして良いことづくしになるようにしています。"

50万円 使い道の関連記事
  • 50万円の使い道は具体的に?・私の考えと世間の噂
おすすめの記事
10万あったら
今年は人手不足のうえ決算期の残業が重なり、いまにいたるまでなくは、ややほったらかしの状態でした。投資のことは忙しい中でも気をつけていたと思い...